テキサスのマイク·フォルティネビッチ、ドジャースのウォーカービューラーが予告された。

KIAタイガースの1次指名投手、李義利(イ·イリ)が練習試合の初登板で、球団とファンの心をドキドキさせた。

李義利は7日、光州起亜(クァンジュ·キア)チャンピオンズフィールドで行われた1、2軍の練習試合で、0-0だった3回表に1軍ホワイトチームの2番手として登板し、1回3分の1を無安打、1奪三振、1四球、無失点を記録した。 李義利は同日、直球最高148kmを記録し、引き続き145km前後の重い直球を打ち込んで見事なピッチングを披露した。

この日、起亜自中継の特別解説を担当した徐在応(ソ·ジェウン)フューチャーズ投手コーチは、「2番手投手として出場する選手は5番手競争をすると思えばいい」とし、李義利を5番手候補に挙げた。 光州(クァンジュ)第一(チェイル)高を卒業してKIAに1次指名された李義利は、同期のチャン·ミンギ、先輩の金庾信(キム·ユシン)らと共に、昨年までチームのエースだった梁鉉宗(ヤン·ヒョンジョン)が空けた左腕先発の席を埋めなければならないという責任感を持っている。

李義利は3回、先頭打者パク·ミンを相手に初球から146キロの直球を入れた。 パク·ミン、ファン·ユンホをそれぞれ中堅手の浮いたボールでアウトにした李ウィリは、金ヨンファンを7球目の争いの末、四球で塁に出した。 1イニング当たり限界投球数15個を満たしてイニングを終えた。

4回マウンドに上がった李義利は、崔正勇を空振り三振、ユ·ミンサンを右翼手浮いたボール、チャン·ヨンソクを左翼手浮いたボールでアウトさせ、予定されていた投球数30球を満たし、3回に洪相三(ホン·サンサム)に交替した。 この日、ユーチューブを通じて球団中継を見ていたヤン·ヒョンジョン(テキサス·レンジャーズ)も「義理のボールが怖いですね」「僕よりずっといいですね」など、李仁義のピッチングに感嘆の書き込みを残した。

この理のピッチングを見るため、急激に口数も減ったソ·コーチは「3月初めなのにペースがとても速い。 146~147kmがずっと撮れてるんですが 頬の先がすごくいい。 回転数がよくてバッターのタイミングが良かったが、ボールの回転力にバットが押される姿を見せている」と賞賛を惜しまなかった。

続いて「仕上げキャンプの時に見たが、静かながらも本人がすべきことは全てやっている。 静かで重みのある選手のようだ」と性格に触れ「プロに来てから初めて実戦で選手たちを相手するので、今日の試合でさらに自信を取り戻せると思います。 ウィリアムズ監督とチョン·ミョンウォンコーチは今年、스포츠중계 どのような役職に就くのか見守っていただければと思います」と期待した。

李義利は初練習試合の登板で150キロに近い速い球を投げて可能性を一層高めたが、ストライクとボールの差が大きい補完点も得た。 ファン·ユンホに投げた148キロの直球も外側の低い方向へ大きく抜けるボールだった。 この義理がいよいよ始まった実戦試合で課題を果たし、今年、「怪物新人」の覇気を披露できるか注目される。

テキサス·レンジャーズの梁鉉宗(ヤン·ヒョンジョン、33)が初のオープン戦に登板する。

梁鉉宗は今月8日(韓国時間)、米アリゾナ州サプライズスタジアムで行われるLAドジャースとのオープン戦に救援登板する予定です。 テキサスはドジャース戦で梁鉉宗がリリーフ登板して1イニングを投げると発表した。

この日の試合の先発投手はテキサスのマイク·フォルティネビッチ、ドジャースのウォーカービューラーが予告された。

今季、テキサスと1年最大185万ドルのスプリット契約を結んだヤン·ヒョンジョンは、ビザ発給問題とコロナ19の自家隔離のため、スプリングキャンプへの合流が遅れた。 他の投手と比べると、10日ぐらい日程が遅れているが、予想より早く実戦登板に出ることになった。

梁鉉宗は今のところ、大リーグへのロースター合流が保障されていない状況です。 ビックリーグデビューのためには、オープン戦でいい姿を見せて、自らチャンスをつかまなければなりません」 オープン戦に登板した1試合1試合が大事なのです」

両選手が顔を合わせるドジャースは、昨シーズンワールドシリーズ優勝を果たし、今シーズンも有力な優勝候補と目されている強豪です。 2019年ナショナルリーグMVPを受賞したコーディ·ベリンジャーは負傷で抜けているが、18年アメリカンリーグMVPを受賞したムッキー·ベッツをはじめ、コーリー·シガー、マックス·マンシーら、7日のサンディエゴ·パドレス戦で休息を取った主軸打者が大勢ラインナップに含まれる可能性が高い。

답글 남기기

이메일 주소를 발행하지 않을 것입니다. 필수 항목은 *(으)로 표시합니다